日本の曳山祭

北海道・東北 姥神大神宮渡御祭
8月9〜11日/北海道檜山郡江差町/姥神大神宮

北海道最古の絢爛豪華な夏祭り。神輿3基に山車(やま)13台が供奉し街を練る。山車は京都祇園祭りの流れをくむ囃子がつき、掛け声に合わせて曳く。寛文年間、北廻り航路の北前船の商人らが、運行ができない冬場、京都や大阪に滞在して祇園囃子を習得し広めたのが、現在の江差祭り囃子として受け継がれたという説がある。
9日は宵宮祭、各山車は姥神大神宮にて「魂入れ」。10日本祭(渡御祭)では昼間町中を巡行した後、夜8時ごろ、愛宕町商店街通りに勢揃いし囃子の競演を行う。11日正午、神社前より出発し、町中巡行、夜9時ごろ新地町繁華街に全山車が揃い、祭りのクライマックスを迎える。



動画





地図


より大きな地図で 北海道 を表示
*地図上のポイントはおおよその位置です。
*開催日・内容は変更される場合があります。各市町村や観光協会などにお問い合わせください。
*誤りや不適切な表現などございましたら、メールにてご指摘いただけると幸いです。





以下は広告です
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送