日本の曳山祭

近畿 岸和田だんじり祭り
9月敬老の日前の土曜・日曜/大阪府岸和田市岸和田・春木地区/岸城神社・弥栄神社

元禄14(1701)年、岸和田城主により行われた稲荷祭が始まりと伝えられ、その後岸城神社を岸和田村の産土神として五穀豊穣を祈願した庶民の祭りになり、発祥以来約300年続く。現在では大阪のだんじり祭といえば、誰もがまず岸和田だんじり祭を連想させるほど有名になった。
だんじりは欅の白木造りで重さ約4トン。唐破風の大屋根と後部の小屋根がつき、その下に精巧な彫刻がほどこされる、いわゆる「下だんじり(岸和田型)」である。周囲に欄干をめぐらし、太鼓・鉦・笛の囃子を奏する。緩やかな囃子の音と共にゆっくり曳き廻され、辻に近づくにつれ囃子が早くなり曳き手は駆け足になる。辻にくると屋根に上った「大工方」の指示で勢いよく回り込む。「遣り回し」と呼ばれ、大工方、梶取りの前梃子、後梃子、曳き手など、すべての息が合わないとうまく曲がれず、狭い路地などは勢い余って人家の屋根などを壊してしまうことも珍しくない。遣り回しがきれいにきまると観衆からどよめきと拍手がわき上がる。
日没後は約200個の提灯に飾られ、昼とは対照的で優雅に曳かれる。
9月14・15日は岸和田地区(岸城神社の氏子14町と岸和田天神宮の氏子5町)と春木地区(弥栄神社の氏子14町)ほか34台のだんじりが、また10月には山手地区の42台が曳行される。




だんじり

北町(城下町)
宮入:岸城神社
本町(城下町)
宮入:岸城神社
堺町(城下町)
宮入:岸城神社

南町(城下町)
宮入:岸城神社
中町(浜方)
宮入:岸城神社
大工町(浜方)
宮入:岸城神社

中之濱町(浜方)
宮入:岸城神社
紙屋町(浜方)
宮入:岸城神社
大手町(浜方)
宮入:岸城神社

中北町(浜方)
宮入:岸城神社
大北町(浜方)
宮入:岸城神社
五軒屋町(村方)
宮入:岸城神社

宮本町(村方)
宮入:岸城神社
上町(村方)
宮入:岸城神社

筋海町
宮入:岸和田天神宮
並松町
宮入:岸和田天神宮
下野町
宮入:岸和田天神宮

藤井町
宮入:岸和田天神宮
春木南町(春木地区)
宮入:弥栄神社



関連サイト

だんじりの街〜岸和田駅前商店街〜


動画




地図


より大きな地図で 大阪府 を表示
*地図上のポイントはおおよその位置です。
*開催日・内容は変更される場合があります。各市町村や観光協会などにお問い合わせください。
*誤りや不適切な表現などございましたら、メールにてご指摘いただけると幸いです。




SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送